北海道 登別のおいしい納豆・贈答用高級納豆 道南平塚食品株式会社

道南平塚食品株式会社

オンラインショップ 豆の文志郎

納豆へのこだわり

おいしいわら納豆を手作り!「わら納豆」づくり体験教室

わら納豆「オリジナルラベル包装」

納豆研究会

登別市認定 至極の味。登別ブランド

美しい空気・大地・水に恵まれた北海道で育った大豆

「やっぱり、おいしい」
国産の大豆を輸入された大豆と食べ比べるとすぐに気付かされます。

しかし、国産の大豆は高価なために、 大量生産でコストを考えた場合、どうしても採算が合わないんです。それでも、おいしい納豆のためには、 国産の大豆にこだわる必要がありました。
国産の土壌のなかでもとびきりきれいな空気・大地・水に恵まれている北海道で育った大豆。しかも、豊かな自然に甘えることなく、 大豆がもっとおいしく、もっとおいしく育つ土壌を 栽培農家のみなさまと共に模索しながらつきつめて育てた大豆。

北海道の土壌にあった大粒大豆の「ユキホマレ」。
納豆用として開発された「スズマル」。

おいしいだけでなく、健康にも最良の食材となりました。
こだわった大豆の風味をぜひ、見て、香りを楽しみ、味わって、体にとりこんでください。


契約栽培農家の方々

勇払郡穂別町の中澤さん。この人はすごいです。いろいろな農法、微生物のことなど何でも知っています。メロンや長いものほかに、最近では高級一味唐辛子も作っています。北海道を代表する農業者。(鹿角納豆・豆香に使用)/HP「中澤さんちのとろろいも」

夕張郡栗山町の原田さん。黒豆を栽培して頂いている原田さんは、研究熱心な農家さん。黒大豆をおいしくするのに日夜研究中。昨年から黒大豆の小粒も栽培しはじめています。黒豆納豆の小粒版、こうご期待。黒豆納豆に使用。

納豆専用浄活水器で、水にもこだわりました。

納豆を育てるための水にもこだわりました。
登別はもともと水がきれいな所として有名なのですが、品質の良い水をさらにおいしく、理想の形に近づけるために浄活水器を導入しています。当社の浄活水器はセラミックを使用して塩素臭を除去しています。

納豆用浄活水器

左の浄活水器は食品加工用です。右の浄活水器は納豆専用で、納豆菌がより活性する仕組みが施されています。世界中ただひとつのものです。


澄み渡った空気の発酵室──「萬生」

食べた人が元気になる納豆を作りたい、という思いから発酵室にもこだわり、工夫を凝らして作り上げました。
発酵室内の湿度・温度には細心の注意を払い調整しているのはもちろんのこと、高原で録音した小鳥のさえずりのCDを流しています。

FRPの断熱パネルで囲われた発酵室内は、湿度100%・温度40℃ですが、「セラミック付ファン」の効果で空気が澄んでいます。
通常法発酵室よりも納豆の香りがますます良くなり、旨みが増し、さらに混ぜたときの粘りが強くなりました。

工夫を凝らした設備

左の写真は小鳥のさえずりを流すスピーカー。右の写真はセラミック付ファン。庫内の温度を均一にするため、部屋の四隅と中央に設置しています。


当社独自の製法で作られた納豆菌

当社の納豆は、どれも粘り気が多いと言われます。
当社独自の製法で作られた納豆菌を、普通の製法で作られた納豆菌と比較してみました。独自の製法で作られた納豆菌(写真左)のまわりにある、白い光のようなものの大きさが違うのが確認できると思います。これが納豆のねばりに関係しています。

この造粘多糖類、つまり、ひとつの菌の出すネバネバの量が多くなるようにすることで、当社納豆の強い粘りが出ています。

製法による納豆菌の比較

(左の写真)
独自の製法で作られた納豆菌
(右の写真)
普通の製法で作られた納豆菌


当社独自の製法で作られた納豆菌

醗酵室の熱源である電気にもこだわりました。
冷蔵庫の特有のにおいがつくのをなくし、発酵が促進して粘りが強くなるように作られています。


納豆菌が繁殖しやすい環境をそれぞれ整える

納豆容器は、通常の発泡スチロールのもの、経木、わらを使っています。それぞれこだわります。納豆は、蒸した大豆に納豆菌をかけて容器に入れてから発酵するのです。つまり納豆菌にとって発酵する環境そのものが容器になります。納豆菌が繁殖しやすい環境を整えることが容器のこだわりになります。

わら

わらは元々納豆菌がいたところです。容器としては最高です。お客様の利便性を除けば。ご面倒でも、たまにはわら納豆を食べて原点に戻りましょう。
当社では、しっかりとしたわらを求めてあきたこまちのわらを使用しています。
ササニシキなどは背が高くわらが軟弱です。
そのわらをしっかりと蒸気で殺菌消毒してから使用します。わらについている納豆菌で作るということも可能ですが、もし別な雑菌が死滅していなかったら、その菌も発酵室で繁殖します。安全な食品を届けるという観点から当社では十分な蒸気殺菌を行っています。
(使用商品/わら納豆)

経木(うすかわ)

経木もわら同様、自然な容器です。製造時に機械にかからないためすべて手作りになります。容器そのものも高価ですし、作業の効率も悪いです。商品価格が高くなりますが、木の香りを楽しめる容器です。
経木も、そのままでは木の香りが強すぎます。ある工夫をして納豆の香りを大事にするようにしています。
(使用商品/文志郎シリーズ、経木納豆)

発泡スチロール容器

お客様の中にも、発泡の容器の匂いが気になる方もおられます。
そこで、長年懸案でした発泡容器の改善が2009年、出来上がりました。方法は秘密ですが、においが気になりません。分析で調べましたら物質は出ていました。でも、におわないのです。ブタン、ペンタンの質的変化によるものです。
画期的です。裏づけとして、納豆菌の活動が活発になり、豆も発酵が進みやわらかになりました。味も1ランクアップしました。
当社の納豆容器をかいでみてください。

(使用商品/道産納豆大粒小粒黒豆、鹿角納豆、豆香、大豆の里など)